made with ♥ in Minami Sanriku

made with ♥ in Tohoku

about “amaproject”

Our Story

小さな一歩を踏み出したのは、2012年の春でした。大震災から丁度1年目だったので、2012年3月11日のことです。支援活動の体験もなく、ただ夢中で気が付いたら立ち上がっていた、というのが事実です。
こうして宮城の津波被災地南三陸の仮設住宅に暮らす女性たちを支援するために、アマプロジェクトが生まれました。

仮設住宅で暮らす女性たちに集会所に集まってもらい、地元でいう「お茶っこ」会をしながら、レース糸でブレスレットを編んでもらおう、というのが主旨でした。それが少しでも収入の足しになれば、と。

それから時が経過し、記憶は砂粒のように、指の間からさらさらと滑り落ちていくのか、最近ではブレスレットの販売も難しくなってきました。
普通なら、ここで自然消滅するところですが、そこに思いがけない救世主が現れたのです。設立当時から、私たちの背中を押してくれていたジェーン・バーキンの一言に、またしても私たちは勇気づけられ、再スタートをする決心をしたのです。

「どんなに少額でも、それを当てにしていた方もいるのではないの?」とジェーンは言うのです。
遠いフランスに住むジェーンは、まだ設立当時の情熱を忘れていなかったのです。こうして一度差し出した手は、容易に放すものではない、とジェーンに教えられました。

再スタートを記念して、ブレスレットだけでなく、今回はジェーンの二人の娘たち、女優で歌手のシャルロット・ゲンズブールとルー・ドワイヨンも参加してくれて、三人の絵をTシャツにして販売することにしました。
その売り上げは、アマの運営費として、作業場の確保、事務局の人件費、材料の仕入れ等に使われることになります。

日本をこよなく愛するジェーン一家の熱い気持ちが籠ったTシャツと共に、私たちのこの新たなスタートを見守っていただければ幸いです。

                              村上香住子

Access

Tome,Miyagi Prefecture